皆さんはもしこんな作りの家で身体が不自由になってしまったら、またはご家族様にお身体の不自由な方がいらっしゃった時、外出って簡単に出来そうですか?

投稿日:

皆さんはもしこんな作りの家で身体が不自由になってしまったら、またはご家族様にお身体の不自由な方がいらっしゃった時、外出って簡単に出来そうですか?

この写真を見る限りでも相当困難の様な気がしませんか?

この利用者様、リピーター様で毎月1度の病院の通院往復でご利用いただいております。両下肢麻痺のお客様につき、移動手段は車椅子です。が……、この階段ですから車椅子ごと乗降する事が出来ません。布担架などでも難しいくらい幅も狭いのです。

最初の出会いは、夜中の緊急対応の時でした。救急車で運ばれて入院の必要が無いと判断された為に当社を探されて対応しました。その時は1人でおんぶして二階までお連れしました。しかしその後のご入院などもあり、1人でおんぶであげるのは困難と判断し、2名体制にて対応しております。

ここでは工夫を凝らして、レスキューなどで使用する椅子型担架とスクープハーネスを利用して体全体で支えつつ乗降のお手伝いを致しております。

ただ、この作業も今日で最後となりそうです。今後のご利用も予約いただいているのですが、この階段に自動昇降機が取り付けられる事になりました。
ご利用者様も、いつも申し訳なさそうにしていらっしゃる様にお見受けするのでできるだけ平然とした顔しておりました。(内心汗だくの筋肉バキバキですが笑)

まだまだ勉強する事がたくさんです。ご利用ありがとうございます。

(更新日: 2017年07月08日